北陸新幹線の座席はどこがおすすめ?立山連峰は見えるか?景色・見どころをご紹介。

北陸新幹線車窓_IC その他

東京駅から北陸新幹線に乗る時に、左右どちらに座れば景色が良いのか?海や山は見ることが出来るのか?をご紹介します。
#新幹線に乗って風景を楽しんでもらいたいので、本記事では写真は載せませんのでご了承ください。

1.どちらがおすすめ?

答えは以下の通り。

・東京~長野間

右側 (3席シート側 A席側)
※グリーン車は2席シートA席側、グランクラスは1席シート側 A席側

・長野~金沢間

山が見たい人(おすすめ時季:春、秋、冬) → 左側 (2席シート側 E席側)
※グリーン車は2席シートD席側、グランクラスは2席シート側 C席側

海が見たい人(おすすめ時季:夏) → 右側 (3席シート側 A席側)
※グリーン車は2席シートA席側、グランクラスは1席シート側 A席側

※上記の左右についての説明は下り方面で東京から乗った場合です。上り方面は逆となります。
※シート、 A席E席については上り方面でも変わりません。(座席が回転するため)
北陸新幹線_座席表

2.おすすめの理由

東京~長野間

浅間山・赤城山などの有名な山々が右側に見えるので、雪・紅葉・新緑の山々を眺めるのには右側が最適といえるでしょう。

長野~金沢間

日本海を見たい人は右側立山や妙高などの山を見たい人は左側がベストです。ただしこの区間は防音壁やトンネルが多いので、見逃さないように注意しましょう。

また、長野駅付近からは日本海側の気候となるので、東京とは天気が全然違います。天気予報を確認してからどちら側に乗るか決めましょう。

各区間の景色について紹介します。

3.東京~軽井沢

高崎駅付近まで街並みが眺められます。【両側】

夜に乗車する場合は、街明かりが続く右側がおすすめ。

大宮駅を過ぎたあたりで、天気が良ければ富士山、浅間山が見えます。【左側】

本庄早稲田駅付近から、標高の高い山が見えだします。(赤城山)
天気が良ければ、奥の方に雪が多い武尊山も見えます。【右側】

安中榛名駅手前からはトンネルが多くなります。

トンネルを出たら、軽井沢駅付近で迫力のある浅間山が近く見えます。この辺りから山が近くなります。軽井沢駅付近では手前の山で浅間山が隠れてしまいますが、駅を過ぎるとまた見えだします。【右側】

4.軽井沢~長野

佐久平駅付近で雄大な浅間山が裾野までよく見えます。【右側】

上田駅を過ぎると、横手山など標高の高い志賀高原の山々が見えてきます。【右側】

長野駅手前で何度か少しの時間だけ北アルプスが見えます。【左側】

5.長野~上越妙高

飯山駅付近からトンネルが多くなってきます。

飯山駅直後のの長いトンネルを抜けた後に、妙高山、焼山、火打山が見えます。山までの距離が近いので、圧迫感があるくらいです。ここは日本でも有数の豪雪地帯なので、雪が残っている季節は真っ白な山々がとても綺麗です。【左側】

6.上越妙高~金沢

この区間はトンネルが多いので、景色を見逃さないように注意してください。防音壁も高いところもありますが、切れ目があるので景色を楽しむことができます。常に景色が見られるわけではないので、見逃さないように注意しましょう。

糸魚川駅付近で日本海が見えてきます。海までの距離が近いので、青々とした海を見ることができます。【右側】

糸魚川駅から最初のトンネルを抜けると、デンカ青梅工場が見えます。背景の山々と大正時代に建設された工場が並び、映画のような世界が広がってます。【左側】
※一瞬なので見逃さないように注意しましょう。

雪山(夏以外)は糸魚川駅前後でもちらちら見えます。(火打山、焼山)
黒部宇奈月温泉駅を過ぎたあたりから、白馬連山、立山連峰が見えだします。山までの距離も比較的近いので、迫力があります。また、手前の標高の低い山や田畑の緑と、立山の雪山とのコントラストも鮮やかです。【左側】

7.まとめ

北陸新幹線は太平洋側と日本海側を横断しており、景色や気候の変化を楽しむことができます。トンネルや防音壁も多いので、GoogleMapなどで確認しながら、見逃さないように景色を楽しみましょう。
当日の天気、行き先でどちら側の座席を予約するかを決めましょう。

タイトルとURLをコピーしました