草津温泉でアトピーは治る?検証しました

草津温泉湯畑 温泉

草津温泉とアトピーについて(症状レベル毎に解説)

体中に傷のある人 → 草津温泉は傷口にしみます。少し刺激が強すぎるかもしれません。

体の一部に傷のある人 → 傷口にお湯をかけてみて徐々に慣らしていくのがよいでしょう。

体の一部に赤みのある人 → 自分の体質に合うか確かめながら温泉につかりましょう。

 

一般的にphが低いほどしみます。 大滝の湯から試してみましょう。

日帰り温泉のph値

大滝の湯:Ph2.15
西の河原露天風呂:Ph1.5
御座の湯:Ph2.08(湯畑源泉)、Ph1.5(万代源泉)

酸性泉とアトピーについて

草津温泉湯畑

一般的には殺菌効果のある酸性泉や硫黄泉にアトピーの効能があると言われています。

しかしアトピー患者でも、酸性泉が合わない人もいます。アトピーは人によって症状が異なるので、必ずしも酸性泉が良いとは限りません。

アトピーと相性のいい温泉について

上述の通り、 アトピーは人によって症状が異なるので 必ずしもある特定の温泉が効くということはありません。自分に合った温泉を探すのがいいでしょう

一般的には殺菌力のある酸性の温泉 (PHが低い温泉) がアトピーに効くと言われていますが、何故か私はアルカリ性の温泉( PHが高い温泉 )のほうが肌がしっとりして効くように感じます。

体質など人によって感じ方は様々なようです。

まとめ

色んな温泉につかってみて、自分の体質に合う温泉を見つけるべきだと思います。

距離の近い四万温泉は泉質が全く違いますので、草津温泉と四万温泉を比べてみるのも面白いかもしれませんね。

日常から離れて自然が多い場所でリラックスするのも大切です。

 

草津温泉の評価

秘境レベル   ★★☆☆☆

自然の多さ   ★★★☆☆

観光客の多さ  ★★★★★

アクセスの良さ ★★★☆☆

※あくまで個人的な評価ですので、ご了承ください。

タイトルとURLをコピーしました